■各種助成金情報

●このページで紹介している助成金は、ごく一部です。掲載されていない助成金が多数あります。

 

※助成金を受けようとする場合は、必ず実施者のホームページなどで確認してください

 

 

 

令和3年度 埼玉県社会福祉協議会助成事業

 

詳しくは、こちら

令和3年度こども食堂応援基金(子どもの居場所)助成事業

募集要項から抜粋・要約)

 

1 助成の目的

埼玉県内のすべての子どもを対象に、「貧困の連鎖」を解消する「こども応援ネットワーク埼玉」の趣旨に賛同する活動として、子どもが一人で安心して行ける「子どもの居場所」を、新たに立上げて事業を行う新設団体に対して助成する。

 

2 助成概要

(1)助成対象事業

① 概ね20歳未満の子どもたち(乳幼児を含む)を対象とした貧困の連鎖解消に資する居場所づくり事業(子ども食堂、学習支援の場・自習の場、プレーパーク、多世代交流を目的とした居場所、上記のほか、子どもに居場所を提供する活動)

② フードパントリーに併設された貧困の連鎖解消に資する居場所づくり事業(フードパントリーの活動団体が、親子で参加できるイベント等の企画・実施を通じて居場所を提供する活動)

(2)助成額は、原則として1団体上限10万円

(3)対象経費に他の補助金等が充当されている場合には、その補助金等の額を減じて助成する。

 

3 対象実施期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

 

4 対象団体

(1)以下の①または②のいずれかの要件を満たすこと。

令和2年4月1日以降に立ち上がった新設団体であること。

令和2年4月1日以降に新たな拠点を設けて事業を行う団体であること。

(2)~(5)省略

 

5 対象経費

(1)費目

事業実施のため、直接的に必要な経費

○消耗品費 資機材購入費 会場費 食料費 通信運搬費 印刷製本費

○物品借上費 講師等謝金 旅費交通費 その他本会会長が認める費用

(2)対象外の経費

下記の経費が含まれる場合は、その分を減額して助成(省略)

 

6 応募方法

(1)提出書類

以下の書類を、団体の住所等がある「市町村社会福祉協議会」へ提出。

ア 助成金申請書(様式第1号)

イ 助成事業計画書(別紙1)

ウ 団体概要資料【会則(法人は定款)、役員(会員)名簿、事業計画書、予算書、事業報告書、決算報告書、機関誌、周知資料(広報紙・パンフレット・チラシ・ホームページ等)等】

エ 備品(単価1万円以上)等購入の場合、見積書または金額が分かる資料

※実施要領、申請書等は埼玉県社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センターのホームページからダウンロードできる。

(2)申請期間

令和3年4月1日(木)~5月7日(金)【必着】郵送または持参

 

7 助成選考等について

8 助成決定後について

9 その他

 省略

 

10 問い合わせ先

 社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会 埼玉県ボランティア・市民活動センター

 (地域福祉部 地域活動支援課) 助成事業担当

 330-8529 さいたま市浦和区針ヶ谷 4-2-65 彩の国すこやかプラザ内

 電話:048-822-1435 FAX:048-822-3078

 

 E-mailvc@fukushi-saitama.or.jp

 

 

 

令和3年度 浦和競馬こども基金助成事業

募集要項から抜粋・要約)

 

1 助成の目的

埼玉県内の様々な困難を抱える子どもたちを支援することを目的とした事業を行う団体へ助成を行うことを目的とする。

 

2 助成概要

助成内容

「活動継続・発展支援」 助成額上限10万円

対象事業

概ね20歳未満(乳幼児を含む)の次のからの子どもたちを対象とした事業。

①経済的に支援の必要な子どもたち

②食事に困る子どもたち

③不登校や引きこもりの子どもたち

④児童養護施設・自立支援施設等に入所している子どもたち

⑤里親の元で暮らす子どもたち

⑥一人親家庭の子どもたち

⑦病気を抱える親の元で暮らす子どもたち

⑧障害のある子どもたち

⑨医療的ケアを必要とする子どもたち

⑩虐待を受けてケアが必要な子どもたち

⑪上記のほか、支援が必要と認められる子どもたち

 

3 対象実施期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

 

4 対象団体

上記「2 助成概要」の要件を満たし、かつ以下の要件を満たすこと。

・埼玉県内の様々な困難を抱える子どもたちを支援することを目的とした事業を行う団体であること。ただし、団体等の所在地は県内外を問わない。

・団体としての活動実績が1年以上あること。

以下省略

 

5 対象経費

(1)費目

事業実施のため、直接的に必要な経費

○消耗品費 資機材購入費 会場費 食料費 通信運搬費 印刷製本費

○物品借上費 講師等謝金 旅費交通費 その他本会会長が認める費用

(2)対象外の経費

下記の経費が含まれる場合は、その分を減額して助成(省略)

 

6 応募方法

(1)提出書類

以下の書類を、団体の住所等がある「市町村社会福祉協議会」へ提出。

ア 助成金申請書(様式第1号)

イ 助成事業計画書(別紙1)

ウ 団体概要資料【会則(法人は定款)、役員(会員)名簿、事業計画書、予算書、事業報告書、決算報告書、機関誌、周知資料(広報紙・パンフレット・チラシ・ホームページ等)等】

エ 備品(単価1万円以上)等購入の場合、見積書または金額が分かる資料

※実施要領、申請書等は埼玉県社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センターのホームページからダウンロードできる。

(2)申請期間

令和3年4月1日(木)~5月7日(金)【必着】郵送または持参

 

7 助成選考等について

8 助成決定後について

9 その他

 省略

 

10 問い合わせ先

 社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会 埼玉県ボランティア・市民活動センター

 (地域福祉部 地域活動支援課) 助成事業担当

 330-8529 さいたま市浦和区針ヶ谷 4-2-65 彩の国すこやかプラザ内

 電話:048-822-1435 FAX:048-822-3078

 

 E-mailvc@fukushi-saitama.or.jp

 

 

 

ふれあいの詩基金助成事業

実施要項から抜粋・要約)

 

1 助成の目的

障害者の社会参加活動を進めるボランティア活動の振興を図るため、地域福祉活動を行うボランティアグル-プ等に助成金を交付する。

 

2 助成概要

助成内容

助成額上限10万円

対象事業

(1)障害者の社会参加を直接的に支援する事業

(2)ボランティア活動、障害者への理解など、啓発を目的とした事業

(3)ボランティア活動振興の目的であり、かつ緊急に必要な資機材等の購入を目的とした事業

(4)その他県社協会長が特に認める事業

 

3 対象実施期間

令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

 

4 対象団体

埼玉県に活動の拠点を有し、地域福祉活動の実績があり、かつ会則・事業計画・予算などが整備され、事業実施体制が整っているボランティアグループ等

 

5 対象経費

○講師等謝金 ○旅費交通費 ○会場費 ○物品借上費 ○通信運搬費 ○印刷製本費 ○消耗品費 ○資機材購入費 ○資機材整備費 ○その他県社協会長が認める費用

 

★問い合わせ先

 社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会 埼玉県ボランティア・市民活動センター

 (地域福祉部 地域活動支援課) 助成事業担当

 330-8529 さいたま市浦和区針ヶ谷 4-2-65 彩の国すこやかプラザ内

 電話:048-822-1435 FAX:048-822-3078

 

 E-mailvc@fukushi-saitama.or.jp

 

 

 

緑の環境プラン大賞

実施団体:公益財団法人都市緑化機構

概  要:緑豊かな都市環境の形成を図るとともに、生活の質の向上やコミュニティの醸成等に役立つことを願い、1990年に創設され、これまでに225の緑化のプランを助成し、その実現を支援します。

表彰対象:全国の民間・公共の各種団体

締め切り:令和3年6月30

助成上限:ポケットガーデン部門で100万円

問合せ先:公益財団法人 都市緑化機構「緑の環境プラン大賞」係

101-0051千代田区神田神保町3-2-4田村ビル2

電話:03-5216-7191 FAX03-5216-7195

     e-mail midori.info@urbangreen.or.jp

詳しくは、こちらへ。

 

 

 

[表彰]よみうり子育て応援団大賞

主  催:読売新聞社

募集対象:子育てに関連した実践活動に取り組んでいる国内の民間グループや団体。活動年数やメンバー数は問わない。

募集期間:2021年6月9日(水)必着

表  彰:大賞(賞金200万円、1団体)

奨励賞(賞金100万円、2団体)

選考委員特別賞(賞金20万円)

問合せ先:「よみうり子育て応援団大賞」事務局

TEL 06-6881-7228(平日9:0017:00

FAX 06-6881-7229

〒530-8551(住所不要)

読売新聞大阪本社「よみうり子育て応援団大賞」事務局

 

メール taisyo@yomiuri.com

詳しくは、こちらへ。

 

 

 

1 期間と総額

常時受付。基金の範囲内で、配分は随時行われる。

 

2 対象となる活動

 ・共生社会を推進するための助成として、地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所や地域活動を含む)

 ・新たに団体を設立する場合のほか、新たに活動を広げたりコロナ禍に対応して特別な助け合い活動を行ったりする場合を含む。

 ・高齢者、子ども、障がい、外国人、ケアラーの支援他、分野は問わない。

 ・日本国内の活動に限る。

 

3 上限助成額

15万円

 

4 助成の回数

原則1回。やむを得ない時は2回。

 

5 助成の対象

法人格の有無は問わない。個人による活動を含む。

 

6 問合せ先

公益財団法人さわやか福祉財団
★「地域助け合い基金」活用ご相談の専用電話
  TEL:080-9277-4174(平日9:3017:30

★総合お問い合わせ

℡:03(5470)7751 FAX 0354707755
   E-mailmail@sawayakazaidan.or.jp

 

 

詳細は 「地域助け合い基金」ご寄付のお願いと助成ご案内 | 公益財団法人 さわやか福祉財団 (sawayakazaidan.or.jp) 参照

 

 

 

 

公益財団法人原田積善会助成

http://www.haradasekizenkai.or.jp/

 

 

 

 

 

TechSoupソフトウェア寄贈プログラム

 

 

 

ITの力をNPOの力に!

 

 ~ソフトウェア/クラウドサービス/パソコン・タブレット/お役立ちツールを特別価格で活用

 

 

対象:非営利法人(NPO法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、一般社団法人(非営利徹底型))

 

趣旨:IT基盤・組織基盤強化を支援する

 

内容:ソフトウェアやクラウドサービス、お役立ちのツールを特別価格(無償、または通常価格の2~9割引)で提供する。

 

その他:本プログラムの収益はプログラムの運営とNPOのIT支援事業に活用される。

 

https://www.techsoupjapan.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ラッシュジャパン】

 

「チャリティバンク」ガイドラインの概要

 

 

小規模な草の根団体に寄付

 

2カ月に1度、偶数月の月末締め切り

 

●支援対象

・自然環境の保護活動

・動物の権利擁護活動

・人権擁護/人道支援/復興支援活動

 

●助成対象団体 

・小規模な草の根活動を行っている団体

・他の企業や助成団体からの助成金や寄付が集まりにくい団体

・より良い社会を目指して変革するために問題の根本を見極め、その解決に取り組む努力をしている団体

・波及効果があるプロジェクトを行っている団体

・非暴力で直接的なアクションを行う団体

 

●活動指針 

ラッシュが持つ信念と相容れる団体やプロジェクト・活動を優先

→詳細は欄末のリンク先で

●助成対象となりやすい申請

・団体の運営費や人件費よりも、キャンペーンやプロジェクトへの直接的費用

・目的や定義が明確なプロジェクト

・予算に透明性のあるプロジェクト

・他の企業や政府、助成団体からは助成金が得にくいと思われるプロジェクト

・環境への配慮や責任を果たしている団体

・有給スタッフがいる団体よりも、ボランティアで運営されている団体

 

●その他

・ホームページやブログで活動が閲覧できる団体を対象とする(SNSのみの場合は対象外)。

・電子メールで連絡が可能な団体を対象とする。

 

●助成金額 

10万円~200万円

 

●応募締切 

 

2カ月に1度、偶数月の月末締め切り

 

●問い合わせ先

株式会社ラッシュジャパン チャリティバンク事務局

charity@lush.co.jp 

℡03-6859-0767 (月曜~金曜 11時~17時)

 

●リンク https://jn.lush.com/article/charity-guidelines

 

 

 

 

 

 募集終了しました

【公益財団法人 大和証券福祉財団】
令和元年度(第26回)ボランティア活動助成  

【応募課題】

1.高齢者、障がい児者、子どもへの支援活動及びその他、社会的意義の高いボランティア活動

2.地震・豪雨等による大規模自然災害の被災者支援活動

 

【応募資格】

ボランティア活動を行っているメンバーが5名以上で、かつ営利を目的としない団体(任意団体、NPO法人、財団法人、社団法人、大学のボランティアサークル等)。

 

【助成金】

上限額 (1団体あたり)30万円  総額4,500万円

 

【申込み締切】 

2019年9月15日(日) 消印有効

 

【助成対象期間】 

令和2年1月1日()から1231()

 

【助成対象経費】 

「謝金」「交通費・旅費」「備品」「消耗品費」「通信費」「会場費」「制作費」「その他」

 

【選考基準】 

地域における活動の効果・影響力

活動予定の具体性

活動の継続性及び発展性

社会福祉協議会及び行政等との連携性

 

【問い合わせ先】 

TEL:03-5555-4640 FAX:03-5202-2014

Eメール: fukushi@daiwa.co.jp

http://www.daiwa-grp.jp/dsf/index.html

 

 

 

 

助成財団センターで助成金情報を検索するにはこちらから。

 

 

 

 

埼玉県ボランティア・市民活動センターが収集・提供している情報はこちらから。

 

 

 

 

東京ボランティア・市民活動センターが収集・提供している情報はこちらから。