■各種助成金情報

●このページで紹介している助成金は、ごく一部です。掲載されていない助成金が多数あります。

 

※助成金を受けようとする場合は、必ず実施者のホームページなどで確認してください。

 

 

 

 

 

2020年度 社会福祉助成事業

 

【対象事業】

 

福祉施設職員等対象:幅広い視野と専門性を持って福祉サービスの支援業務向上に携わるために実習する研修事業

 

地域住民等対象:福祉サービスのあり方や専門的知識・技能の習得などをテーマとして開催される集合研修事業(研修会、セミナー、講演会など)

 

【対象経費】

 

講師謝金・交通費・宿泊費・会場費・報告書作成費

 

【事業実施期間】

 

2020年度中

 

【助成金額】

 

1件(1団体)上限額50万円(助成対象経費合計の80%以内かつ50万円以内)

 

【申請条件】

 

①社会福祉法人、福祉施設、福祉団体など。申請は1団体、1事業。

 

②法人格のない任意団体、グループは市区町村社会福祉協議会の推薦が必要。

 

③反社会的勢力及び関係する法人・団体は不可。

 

④助成対象となった場合、団体名、代表者氏名、所在地、事業内容、助成金額等を公表。

 

【申請期間】2019111日~20191215日(消印有効)

 

【問合せ先】〒136-0071 東京都江東区亀戸1-32-8

 

公益財団法人 日本社会福祉弘済会 助成事業係 
TEL:03-5858-8125

 

  https://www.nisshasai.jp/fukusijyoseijigyo/jyoseiyoukou-2020.html

 

 

 

 

 

12/16締切

 

公益信託 武蔵野銀行みどりの基金

 

 

2020年度 助成金給付

 

 

 応募資格

    埼玉県内の営利を目的としない法人・団体若しくは個人

 

 対象事業

    埼玉県内の自然環境保全及び創出に資する活動

自然環境の保全及び創出に資する事業

 ②自然環境の保全及び創出のために必要と認められる普及啓発に関する事業

 自然環境の保全及び創出活動を促進するために必要な調査研究

 

3 助成対象期間

2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)

 

4 助成金額

    必要金額の範囲内でかつ100万円以下(1万円単位)

 

5 申請書配布開始日

  201910月1日(火)

 

6 申請書配布場所

武蔵野銀行の営業店窓口

武蔵野銀行のホームページからもダウンロードも可

http://www.musashinobank.co.jp/company/socially/environment/midori.html

 

7 申請受付期間 

201910月1日(火)~20191216日(月)

 

8 申請方法

    所定の「助成金給付申請書」に必要事項を記入し、募集窓口に郵送。

〈募集窓口・問い合わせ先〉

164-0001 東京都中野区中野3-3616

三菱UFJ信託銀行株式会社 リテール受託業務部 公益信託課

武蔵野銀行みどりの基金担当 TEL0120622372 (フリーダイヤル)

 

9 給付先・給付金額

  2020年2月から3月頃に審査、給付 先および給付金額を決定。審査の結果は、全申請者に書面にて通知。

 

10 助成金給付

2020年4月下旬に助成金贈呈式を行い、指定口座に助成金を振込み。

 

11 報告書提出

「助成金使用報告書」を期限までに受託者提出。(領収書を添付)

 

12 条件その他

   省略

 

 

 

 

TechSoupソフトウェア寄贈プログラム

 

 

 

ITの力をNPOの力に!

 

 ~ソフトウェア/クラウドサービス/パソコン・タブレット/お役立ちツールを特別価格で活用

 

 

対象:非営利法人(NPO法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、一般社団法人(非営利徹底型))

 

趣旨:IT基盤・組織基盤強化を支援する

 

内容:ソフトウェアやクラウドサービス、お役立ちのツールを特別価格(無償、または通常価格の2~9割引)で提供する。

 

その他:本プログラムの収益はプログラムの運営とNPOのIT支援事業に活用される。

 

https://www.techsoupjapan.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ラッシュジャパン】

 

「チャリティバンク」ガイドラインの概要

 

 

小規模な草の根団体に寄付

 

2カ月に1度、偶数月の月末締め切り

 

●支援対象

・自然環境の保護活動

・動物の権利擁護活動

・人権擁護/人道支援/復興支援活動

 

●助成対象団体 

・小規模な草の根活動を行っている団体

・他の企業や助成団体からの助成金や寄付が集まりにくい団体

・より良い社会を目指して変革するために問題の根本を見極め、その解決に取り組む努力をしている団体

・波及効果があるプロジェクトを行っている団体

・非暴力で直接的なアクションを行う団体

 

●活動指針 

ラッシュが持つ信念と相容れる団体やプロジェクト・活動を優先

→詳細は欄末のリンク先で

●助成対象となりやすい申請

・団体の運営費や人件費よりも、キャンペーンやプロジェクトへの直接的費用

・目的や定義が明確なプロジェクト

・予算に透明性のあるプロジェクト

・他の企業や政府、助成団体からは助成金が得にくいと思われるプロジェクト

・環境への配慮や責任を果たしている団体

・有給スタッフがいる団体よりも、ボランティアで運営されている団体

 

●その他

・ホームページやブログで活動が閲覧できる団体を対象とする(SNSのみの場合は対象外)。

・電子メールで連絡が可能な団体を対象とする。

 

●助成金額 

10万円~200万円

 

●応募締切 

 

2カ月に1度、偶数月の月末締め切り

 

●問い合わせ先

株式会社ラッシュジャパン チャリティバンク事務局

charity@lush.co.jp 

℡03-6859-0767 (月曜~金曜 11時~17時)

 

●リンク https://jn.lush.com/article/charity-guidelines

 

 

 

 

 

 募集終了しました

【公益財団法人 大和証券福祉財団】
令和元年度(第26回)ボランティア活動助成  

【応募課題】

1.高齢者、障がい児者、子どもへの支援活動及びその他、社会的意義の高いボランティア活動

2.地震・豪雨等による大規模自然災害の被災者支援活動

 

【応募資格】

ボランティア活動を行っているメンバーが5名以上で、かつ営利を目的としない団体(任意団体、NPO法人、財団法人、社団法人、大学のボランティアサークル等)。

 

【助成金】

上限額 (1団体あたり)30万円  総額4,500万円

 

【申込み締切】 

2019年9月15日(日) 消印有効

 

【助成対象期間】 

令和2年1月1日()から1231()

 

【助成対象経費】 

「謝金」「交通費・旅費」「備品」「消耗品費」「通信費」「会場費」「制作費」「その他」

 

【選考基準】 

地域における活動の効果・影響力

活動予定の具体性

活動の継続性及び発展性

社会福祉協議会及び行政等との連携性

 

【問い合わせ先】 

TEL:03-5555-4640 FAX:03-5202-2014

Eメール: fukushi@daiwa.co.jp

http://www.daiwa-grp.jp/dsf/index.html

 

募集終了しました

福祉・環境・まちづくりなど

パルシステム埼玉

市民活動支援金制度(10/31締切)

 市民活動支援金は、福祉、環境、まちづくりなどをテーマに、NPO法人やボランティアなどが担うさまざまな市民活動に対し、パルシステム埼玉が地域社会貢献活動の一環として、資金面で支援していく制度です。

募集要項

 

 

https://www.palsystem-saitama.coop/contribution/shimin/index.html

 

 

 

 

助成財団センターで助成金情報を検索するにはこちらから。

 

 

 

 

埼玉県ボランティア・市民活動センターが収集・提供している情報はこちらから。

 

 

 

 

東京ボランティア・市民活動センターが収集・提供している情報はこちらから。